FC2ブログ

昨夜は「スノームーン」

昨夜は満月💛
冬の冴えわたった空に月が煌々と輝いていました(^^♪

2021022801.jpg

2021022802.jpg

2021022803.jpg

『2021年の満月カレンダー』によると、「現在一般に広まっているネーミングは、ネイティブアメリカンの部族が、月の動きを観察して、農業や漁業、狩猟の目安にするため名付けたことで知られています」ということです。
2月の満月の名前は「スノームーン」。この時期、北米で大雪が積もるからです。
また、寒さが厳しい冬を越すための備蓄食料が底をつき、空腹に苦しめられていた時期でもあることから、「ハンガームーン(飢餓の月)」とも呼ばれます。

いよいよ明日から3月。冬将軍の後を追うように、春の女神の足音が心なしか大きくなった気がしますw(^o^)w
スポンサーサイト



仏崎から北アルプスを望む

今朝も少し雪がちらつき、終日気温の低い一日でした。

このところ母の家のペレットストーブの調子が悪く、修理に来てくれるまで薪ストーブとして使っていて、母が起きている間おおむね2時間おきに様子を見に行かないといけないので、なかなか大変です(--;
母のところのペレットストーブはペレットをストーブ内に落とす機構がゼンマイ式で電気を使わないのが一番の魅力なのだけれど、そのゼンマイ部分が時折ストライキを起こして、修理に来てもらうのですね~・・・

なので、なかなか申告の入力作業に集中できないのです・・・という言い訳です(^^;

写真は在庫写真から2月22日の載っけそびれていた仏崎からの北アルプスの眺めです(^^♪

2021022701.jpg

2021022702.jpg

もう一枚は、千葉県からのご常連が昨日送ってくださったお菓子とハーブティー、そしてドライフルーツです💛

2021022703.jpg

目のご不自由なご夫妻なのだけれど、最初は観光ボランティアの会からの要請で黒部ダムのご案内をしことがきっかけで大変お喜びいただけて、その後、我が家にお泊りいただきあちこちご案内するようになったお客様で、毎年お気に入りの品をお送りくださるのですね~W(^O^)W
毎年9月にお越しくださっていたのだけれど、昨年はコロナ禍で自粛されて・・・今年はぜひお会いしたいな~(^^)

瞬間的にほんの薄っすらと(^^;

今日はお昼前からしばらくの間雪が降りました💛
林道や雪除け屋根の上、常緑樹の葉っぱなどが、ほんとうに薄っすらと白くなりました(^^♪
23日にもほんの少しだけ白くなったので、3日ぶりということですか・・・でも、あっという間に融けてしまいました(^^;

2021022601.jpg

2021022602.jpg

2021022603.jpg

今日で青色申告の伝票の整理が完了w(^-^)w
後は入力作業なので、ここまでくれば時間さえあれば簡単ですね💛

高瀬の森のニホンザル

今日も良いお天気💛
窓の外の北アルプスを時折眺めながら、外へ出たいのを我慢しながら青色申告の準備作業(--;

今日は午後からエッチャンが延長保育の補助要員として初仕事。
「筋肉痛だぁ!」と言いながら、楽しんできたようですw(^-^)w
資格を生かせる仕事に復帰できるって、やっぱ良いですね(^^♪

今日の写真は載っけそびれていた高瀬の森のニホンザルです。

2021022501.jpg

2021022502.jpg

2021022503.jpg

木崎湖畔のフクジュソウ

早くも「春の花」第2弾です(^^♪
木崎湖畔のフクジュソウ自生地で早くもフクジュソウが咲き始めました💛

2021022401.jpg

2021022402.jpg

2021022403.jpg

このフクジュソウやカタクリ、イチリンソウ属、 セツブンソウ、ムラサキケマンなど、 早春、他の花に先がけて花を咲かせ、逆にまわりの木々や草がすっかり緑になる季節になると、地上から全く姿を消してしまう植物のことを、ヨーロッパでは「スプリング・エフェメラル(春のはかない命)」とか「エフェメラル・プラント(短命植物)」と呼んでいます。

福寿草はキンセンカ科の多年草で、落葉樹林の下などに自生します。
学名Adonis amurensis。
Adonisはフクジュソウ属。欧州産の福寿草は赤花で、ギリシャ神話に登場する、イノシシの牙に突かれて死んだ青年アドニスの、傷から出た血のように赤い花ということだそうです。
Amurensisはアムール川流域のという意味です。

江戸時代の1645年頃に出された俳人・松江重頼の『毛吹草』にフクジュソウの句があることから、江戸時代初期には日本に入って来ていたのではないかと考えられます。

福寿草は2月の旧正月の頃咲きだすことから、正月の飾りとされ、めでたい意味の「福寿」を和名としたとか、和名の由来には諸説あり、「元日草」や「朔日草(ついたちそう)」など、おめでたい別名もあります。

根茎を乾燥したものを生薬名で、福寿草根と呼び、強心、利尿の薬効があるそうですが、全草有毒で、特に根と根茎に有毒成分が多いそうですのでご用心!

花言葉は「悲しき思い出」「永久の幸福」「回想」「思い出」「幸福を招く」「祝福」

これからいつものヒロ君、マーちゃん夫妻と明るいうちから宴会ですw(^o^)w
プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR