FC2ブログ

扇沢のホタルブクロ

扇沢の駅の斜面のホタルブクロです。

「蛍袋」と書く、山野に生えるキキョウ科の多年草です。

2020070601.jpg

2020070602.jpg

2020070603.jpg

学名Campanula punctata。
Campanulaはホタルブクロ属のことで、ラテン語で小さな鐘という意味があり、ギリシャ神話の愛らしいニンフのカンパニュラのことでもあります。
Punctataは斑点のあるという意味です。
ホタルブクロの花は紫色と白色がありますが、どちらも可憐ですね♡

和名の由来は、ホタルの季節に咲き、子どもがこの花の中に蛍を放して遊んだことから。
また、本来は火垂袋(ほたる袋)で、形が提灯に似ているところから名がついたとの説もあります。
地方によっては、チョウチンバナ、トウロウバナ、アンドンバナとも呼ばれているようです。さらに、梅雨の時期に咲くので、アメフリバナの名も与えられています。

学名のカンパニュラについてのギリシャ神話は、こんな内容です。
愛らしいニンフのカンパニュラは、 この世の果てにある果樹園の金のリンゴを守るのが仕事でした。
ある日、ひとりの騎士が金のリンゴの噂を聞きつけて、果樹園に盗みに入りました。カンパニュラは必死に鐘を鳴らし助けを呼びますが、番人の竜が駆けつけたときには、騎士に殺されてすでに息絶えていました。
この話を聞いた花の女神フローラは、カンパニュラを哀れに思い、花に変えてあげました。

若葉、若芽を摘み取り、揚げ物にしたり、茹でてさらしてから、和え物、おひたし、汁の実や油いためにして食べられるし、花は、7~8月の開花期に摘み取り、甘酢和え、酢の物、花サラダにして食べられるのだそうです。

花言葉「正義」「貞節」「愛らしさ」「忠実」「誠実」。

カンパニュラという言葉の響きから、僕はどうしても宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』の主人公の1人であるカムパネルラのことを思い出してしまうのだけれど、カムパネルラは神学者トマソ・カンパネッラからとったという推定があるようなので、どうも関係なさそうですね(^^;
スポンサーサイト



黒部湖畔のテガタチドリ

黒部ダム展望台脇の斜面で、テガタチドリを見つけました。もう咲き終わった株も多く、見ごろは過ぎていましたが、それでも咲き残った花が数株ありました(^^♪

「手形千鳥」と書く、草原に自生の見られるラン科の多年草です。

2020070501.jpg

2020070502.jpg

2020070503.jpg

学名Gymnadenia conopsea。
Gymnadeniaはテガタチドリ属のことで、ギリシャ語の裸を意味するgymnosと、腺を意味するadenosの合成語で、花粉塊の粘着体が、袋に入らず裸になっているため。
conopseaは、花の形が蚊やブヨに似たという意味です。

和名の由来は、地中に「手」の形に似た根があることから。
このテガタチドリは葉の縁がまっすぐですが、同じ仲間のノビネチドリでは葉が幅広で波打つのが識別のポイントになります。

別名「千鳥草」

花言葉「清明」「壮大な心」

それにしても、今日は明け方から何度も規模の小さな地震があります。先ほども2回ほど続けて揺れました(^^;

今年初黒部ダム

今日は今年初めて黒部ダムへ行ってきました。
今日から関電アメニックスの黒部ダムガイドの始まりです。

2020070401.jpg

2020070402.jpg

2020070403.jpg

2020070404.jpg

2020070405.jpg

まずトンネルシアター会場であるケミカルトンネルの事務室を片付け、コロナ対応で椅子の間隔をあけて配置。入り口に手指消毒用のアルコールも設置し、マスクをお持ちでないお客様用のマスクの準備と、ツアーによってお客様にお土産をお渡しする際の使い捨て手袋も準備しました。
そして映写機材の作動テストも行って準備完了(^^)v
今日は4人で準備に入ったのだけれど、今日の担当者1人を残して僕を含む3人はお役御免なので、展望台へ出て今年初めてダムを眺め、雨の中、外階段を下ってダムの堰堤へ出て、扇沢駅へ戻ってレストランでこれまた今年初めて元祖アーチダムカツカレーをいただいたのでしたw(^-^)w

僕の次の当番は、今のところ少し間が空くけれど、19日日曜日で、1日ダムにいますo(^-^)o

宮の森のツルアジサイ

今日は今にも降り出しそうな鬱陶しい曇り空(--;
買い物のついでに久しぶりに宮の森自然園へ寄ってみると、ツルアジサイが咲き始めていました。

「蔓紫陽花」と書く、山地のやや湿った所に生える、アジサイ科アジサイ属の落葉つる性木本です。

2020070301.jpg

2020070302.jpg

2020070303.jpg

学名Hydrangea petiolaris Sieb. et Zucc。
Hydrangeaは水を意味するギリシャ語のhydrと、容器を意味するangeaの合成語で、果実の形状から。
petiolarisは、葉柄上のという意味です。

和名は、茎が蔓性で、花がアジサイに似ていることから。
別名「ツルデマリ」「ゴトウヅル」

よく似た植物にイワガラミがありますが、ツルアジサイの白い装飾花の蕚片が4枚なのに対してイワガラミは1枚で大きく、ツルアジサイの方が繊細な感じがします。

アジサイは、鎌倉時代には園芸種が出回っていたというほどに、日本人には馴染みが深く、万葉集にも巻4の773と、巻20の4448の2首があります。

言問わぬ 木すら紫陽花 諸弟らが 練の村戸にあざむかえけり   大伴宿禰家持
紫陽花の 八重咲く如く やつ代にを いませ我が背子 見つつ思はむ   橘宿禰諸兄

花言葉「一家団欒」
アジサイ全体の花言葉は「高慢」「移り気」「無情」「あなたは冷たい」「冷淡」「ひたむきな愛情」

新しいホテルでランチ(^^♪

我が家に一番近いホテルで、我が家へ多くのお食事のお客様をご紹介下さったリーガローヤルくろよんロイヤルホテルが昨年9月30日に閉館し、改装して昨日
ANAホリデー・インリゾート信濃大町くろよん
https://www.anaihghotels.co.jp/search/hok/hi-kroyn/
が、新型コロナ禍のため1か月遅れで開店しましたw(^o^)w

2020070201.jpg

2020070202.jpg

2020070204.jpg

早速今日、我が家の所蔵品展のご案内をもってお邪魔し、レストラン『ボタニカ』で、お昼を楽しみました(^^♪
以前のホテルは、洋食の『りんどう』と和食の『吉兆』にわかれていたのだけれど、今度の『ボタニカ』には、フランス・ニヨン出身のエグゼプティブシェフによるフランス料理の手法と、日本人スーシェフによる信州の食材を中心にした和食も用意され、和洋折衷の献立を楽しめます💛

今日僕が選んだのは「牛ステーキ丼」、エッチャンは「クラブサンド」。エッチャンはサンドイッチの量の多さにびっくりし、僕は大町の地ビール・氷河ペールエールが1300円だったのにビックリ(我が家では500円)(^^;

2020070205.jpg

2020070206.jpg

しかし、お料理は流石ですね💛大満足でした(^^♪

今後は大町市観光ボランティアの会としても様々に連携できれば良いと思い、例会で相談して今後様々な提案ができればと考えています(^^)v
プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR