FC2ブログ

線路を歩いて素掘りトンネルへ

今日は本来ならまず大町観光ボランティアの会の請け仕事として、クラブツーリズムの「黒部ダム河床ハイキングと関電トンネル工事跡地見学ツアー」の前段の河床ハイキングを行い、その後関電アメニックスのガイドとしてトンネルシアターと黒部ダムガイドを行うことになっていたのだけれど、前段部分は昨日のうちに降雨中止を決定し、今日は「関電トンネル工事跡地見学ツアー」の部分のガイドを行うことになっていました。

外の天気は予報通りの雨(;_;)それだけではなく霧が深く、時にダムの観光放水すらしっかり見ることができないほど視界不良で、せっかくお越しくださったお客様には本当に残念な天候でした(>_<)

てなことで、今日の写真はトンネルの中(^^;













この関電トンネルトロリーバスの通るトンネルは、レールこそないもののれっきとした鉄道法上の「線路」であり、一般人の立ち入りが禁止されていて、許可を得たものが許可を得た時間内に立ち入ることができる所で、ここを歩けること自体が特別なことなのですね~。
このトンネル内の標識は当然鉄道の標識なのだけれど、来年からこのトンネルを走るのはEVバスになり、このトンネルは「線路」から「自動車専用道」になるので、これらの標識もお役御免になってしまうのですね~・・・

そして、すでに何度か写真を載っけていますが、トンネルシアターの会場は関電トンネル内に残った唯一の「素掘り」のトンネルで、花崗岩が剥き出しになっていて、削岩機で穿った穴が残り、当時の作業風景をリアルな人形で再現していて、粗削りな岩盤を手で触って感触を確かめることができます。

旅行会社のツアーに参加したり、プライベートツアーに申込しないと見ることのできない所ですが、一見の価値あり!ですよ(^^♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR