FC2ブログ

針ノ木岳のタケシマラン

載っけそびれていた針ノ木岳のタケシマランです。







「竹縞蘭」と書く、日本原産で本州中部地方以北に分布し、山地帯から亜高山帯の針葉樹林内に生育するユリ科の多年草です。

学名Streptopus streptopoides subsp. japonicus。
Streptopusは、タケシマラン属のことで、ギリシア語の捩じれたという意味を持つStreptosと、足を意味するpousの合成語で、花柄が捩じれて葉の下に入る状態からです。 
streptopoidesは、タケシマラン属に似たという意味です。
 japonicusは日本原産種を意味します。

和名の由来は不明ですが、葉の形が竹の葉に似ていることからだと推測されます。
勿論領土問題のあの島とは縁もゆかりもありません(^^;

オオバタケシマランと似ていますが、葉の基部が茎を巻かず、花柄が捩じれず、果実がほぼ球形であるという違いがあります。

今日は予報に反して午後からお天気が回復しました(^^♪
明日からの定休日、母とエッチャンと3人でアルペンルートを通り抜けるのだけれど、お天気はどうかな~・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR