FC2ブログ

エストニアの心に触れる

今日はエッチャンと佐久市立近代美術館へ行って来ました。
目的は「エストニアの心 版画家カルヨ・ポルの世界」を観ることでした。
なぜ佐久市の近代美術館であまり一般的ではないエストニアの版画家作品を?って不思議に思うのだけれど、何とエストニアにサク市という自治体があり、日本の佐久市とエストニアのサク市が姉妹都市提携をしていて、そのご縁でエストニア独立100周年を記念して今回の企画展が開かれたというのですから面白いですね~(^^)

19461.jpg

19462.jpg

ところでエストニアの属するバルト三国やフィンランド、ハンガリー、ロシアのシベリアなどに分布するフィン・ウゴル民族については、僕らも世界史の時間に「フン族の大移動」として習った記憶があるのですが、アジアを起源とする民族で、彼らの神話には、日本のアイヌやアメリカ・インディアンなどの神話と共通するところがあって面白いのですね~(^^♪

カルヨ・ポル氏は、エストニア人の主体性の確立にも直接関係するフィン・ウゴル民族に強い関心を持ち、タルト大学の美術教師として民族研究の遠征隊を組織して研究を続け、エストニアの情景と民族の自然観を見事に融合してエストニア美術界に大きな足跡を残した美術家なのだそうです。

彼の作品はほとんど色を使わず、単色の微妙な明暗・濃淡を細かく使い分け、古代信仰の持つ力強い生命力を見事に表現しているのだけれど、なぜか作品を観ていて心が何とも言われぬ静謐な空気に包まれるように感じるのは僕だけではないと思います。

まだ1週間ほど期間がありますので、興味のある方は是非ご覧になると良いと思います。
お勧めですよ!!!

今日はとっても良いお天気で、往復の道程も三才山越えを選んで正解。浅間山や蓼科山の眺望も楽しめ、気持ちの良いドライブができましたw(^o^)w

19463.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

世界観が広がります(^^♪

mitorinさん、御来訪感謝です<(__)>
とっても楽しい時間を過ごしてきました。
初めての作家の素敵な作品に出逢えると、世界観が広がった感じがしますね(^^)

ドライブがてら・・・。

ご夫婦でお出かけ、いいですね。
美術館での版画鑑賞、良い時間を過ごせましたね。(*^-^*)。
プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR