FC2ブログ

霊松寺のヒトリシズカ

高瀬の森は昨夜来の雨が上がり、窓の外の新緑がとても綺麗♡
ただ、雨に運ばれてきた柳の花粉でデッキに黄緑色の筋ができています(^^;

写真は霊松寺のヒトリシズカです。

195211.jpg

195215.jpg


195213.jpg

「一人静」と書く、丘陵や山地の林下に自生するセンリョウ科の多年草です。

学名Chloranthus japonicus。Chloranthusはチャラン属のことで、ギリシャ語の黄緑を意味するchlorosと花を意味するanthosが語源だそうです。japonicusは、文字通り日本の。

和名の由来は、源義経が好んだ静御前が、一人で舞っている姿に見立てたことから。
別名「マユハケソウ」「ヨシノシズカ」

全草を乾燥したもの2~4グラムを水0.4リットルで適量に煎じて服用すると、血行を良くして利尿作用があり体調を改善する薬効があるそうです。
アイヌの人々は、イネハムと呼び、乾燥したものをお茶にして飲むのだとか。
また、中国では古くから、神経痛、リウマチ、痛風などを改善するお茶として親しまれているとのこと。

花言葉「隠された美」「愛にこたえて」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

不思議な佇まい

ばらさん、お早うございます(^^♪

ちょっと見、不思議なたたずまいの植物ではありますね(^^;

お子様と同じく僕も尿酸値がやや高めで、ビールを控えているのだけれど、薪作りや自然保護レンジャーの巡視の後なんかにはどうして呑みたくなっちゃって・・・(^^;

こんにちは!

一人静、名前通り楚々と咲いているって感じですね。
痛風に聞くんですか?
お茶ね~
息子が尿酸値が高いので探してみます。
プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR