FC2ブログ

親海湿原のイブキジャコウソウ

親海湿原のイブキジャコウソウです。

20195271.jpg

20195272.jpg

20195273.jpg

「伊吹麝香草」と書く、山地から高山の礫地や崩壊地で良く見かけ、山麓の登山道沿いで出合ったりするシソ科の多年草です。北海道では海岸でも見かけるとか。

学名Thymus quinquecostatus。
Thymusはイブキジャコウソウ属のことで、ラテン語で芳香を放つという意味のthyeinに因んでいます。
quinquecostatusは、5本の主脈があるという意味です。
和名は、滋賀県伊吹山に多く自生が見られ、葉に精油を含み、揉むと芳香を放つことから。
この精油にはパラ・シメン、カルバクロール、チモールなどが含まれていて、ハーブのタイム(タチジャコウソウ)の仲間で、発汗作用があり、風邪に用いると効き目があります。

別名「百里香」

花言葉「神聖」「潔癖症」「勇気」

明日から雨になりそうなので、今日は貯木場まで運んでもらった廃材の釘を抜き、薪作りの準備をしますo(^-^)o
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

薬草の宝庫

関西さんお早うございます(^^♪

伊吹山は大和朝廷のために渡来人が薬草を採取した所であるという説もあるようで、山野草の宝庫で、「イブキ〇〇」って植物が一杯ありますよね♡

でも登山者にとっては三重の御在所岳と並んで、一所懸命登って山頂へ出ると、ミニスカートにパンプス履いた女の子なんかがいて、肩の力が抜ける山でもあります(>_<)

こんばんは

可愛い花ですね 伊吹山ですか いったことありますよ
山には 珍しいお花が 一杯 いろいろ載せてくださいね
詳しいですね 私は お花の名前 覚えられません その時だけです だめですね
プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR