FC2ブログ

針ノ木岳のコヨウラクツツジ

針ノ木岳慎太郎祭に行くと、必ずと言って良いほどコヨウラクツツジの花に出逢うことができます(^^)
しかし、今年は咲いている花の種類が少なくて、ちょっと残念でした(;_;)

2019631.jpg

2019632.jpg

2019633.jpg

「小瓔珞躑躅」と書く、亜高山帯に生えるツツジ科の落葉小低木です。

学名Menziesia pentandra。
Menziesiaはヨウラクツツジ属のことで、スコットランドの軍医で植物学者で、博物学者でもあるArchibald Menziesの名前に因んでいます。
pentandraは、「5の雄蕊のある」という意味です。

和名の由来は、花のつく様子を仏像の首飾りや寺院の装飾に使う瓔珞(ようらく)に見立てたヨウラクツツジより花が小型なので。
花はご覧の通り小さくて可愛い果実のようですね♪

花言葉「仏の首飾り」って、僕が勝手につけました(^^A

昨日は夕方から塩尻の親戚のお通夜があり、針ノ木岳から帰って少し休憩しただけで車で塩尻往復して来たので、流石に疲れました(^^;

今日はちょびっとのんびりしています(^^♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR