FC2ブログ

黒部湖のノビネチドリ

黒部ダムの展望台から外階段を下っていると、ノビネチドリの小さな群落がありました。

20197111.jpg

20197112.jpg

20197113.jpg

「延根千鳥」と書く、山地から高山の林の下などに生えるラン科の多年草です。
北海道では海岸や人里の草地で見かけることもあるとか。

学名Gymnadenia camtschatica。
Gymnadeniaはテガタチドリ属のことで、ギリシャ語の裸を意味するgymnosと、腺を意味するadenosの合成語だそうです。
camtschaticaはカムチャッカのという意味。

同じ仲間のテガタチドリは、葉の縁がまっすぐですが、ノビネチドリでは波打つのが識別のポイントになります。

和名の由来もテガタチドリの根が掌状で「手形」なのに対し、掌状にならず伸びるため「延根」といいます。

花言葉「良く似た友人」

今日は午前中、「川村友紀 銅版画展」の案内はがきの発送作業。午後は関電アメニックスの黒部ガイドの打ち合わせで忙しく、黒四発電所見学会のまとめのご報告はまた後日(^^;
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR