FC2ブログ

鷹狩山のオオバギボウシ

鷹狩山のオオバギボウシが咲き始めました。
まだ下の方から半分くらい花が開き始めたところで、まだまだしばらく楽しめそうです(^^♪
僕は花が開ききる前の蕾の状態が好きですね♡

20197311.jpg

20197312.jpg

20197313.jpg

「大葉擬宝珠」と書く、山地や丘陵の草地などの生えるギボウシの中でも最大のもので、キジカクシ科の多年草です。

薄紫のコバノギボウシも良いけれど、白銀のオオバギボウシに高貴な印象を受けるのは僕だけでしょうか。

学名Hosta sieboldiana。
Hostaはギボウシ属のことで、19世紀のオーストリアの医師N・T・ホスタさんの名に因んでいます。
sieboldianaはシーボルトの意味です。

和名の由来は、この花のつぼみが橋の欄干の上にある、玉ねぎを逆さまにしたような装飾物の擬宝珠に似ていて、葉が大きいことからです。

別名ウルイと言い、春、巻いたまま伸びあがる葉を根元から切り、葉柄だけを茹でて酢味噌、辛子味噌、辛子醤油などと和えて食べます。
葉柄の乾燥品を山干瓢と言い、昔の人の保存食で、戻して煮物に利用します。

花言葉「沈静」「心の落ち着き」「静かな人」「変わらない思い」

今日は穂高まで買い物に行ってきたのだけれど、外気温は33℃まであがっていました。
現在の我が家の室内気温は28℃弱。湿度70%弱。
暑いですね~(>_<)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR