FC2ブログ

黒部湖のネジバナ

今日は昨日に続いて午前中関電アメニックスくろよん観光事業部のガイドとして、黒部湖に行っていました。
今回は長野県内からのツアーの皆様44名様のご案内。皆様しっかりとガイドをお聞きくださってご質問もあり、楽しい時間を過ごせました♡

写真は全然珍しい花ではありませんが、カレ谷出口付近のネジバナです。

20198251.jpg

20198252.jpg

20198253.jpg

「捩花」と書く、明るい草原や田の畔などに自生するラン科の多年草です。
日本全国どこでも見かける花ですが、黒部湖畔では今頃咲いています♪

学名Spiranthes sinensis var. amoena。
Spiranthesはネジバナ属のことで、ギリシャ語の螺旋を意味するspeiraと、花を意味するanthosが語源で、花穂が螺旋状にねじれるところから。sinensisは、中国の。amoenaは、愛すべき、人に好かれるという意味だそうです。

和名の由来は、見た目の通り、小花が螺旋状に捩じれたようにつくことから。

なぜ花が捩じれるかについて、花がみな一方向に向けば茎が傾くので、花の方で工夫してわざとねじるように花をつけるようになったというおもしろい説もあるようです。
だとすると、健気にスックと立っているナギナタコウジュは偉い!(^0^)

別名「モジズリ」「バンリュウサン」
モジズリは、古語で「忍摺り(しのぶすり)」の意味で、忍摺りとは、染めた模様が捩じれる特徴があり、それに花の名を見立てたとのことです。

花言葉「思慕」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR