FC2ブログ

黒部湖湖のテンニンソウ

黒部湖や扇沢などでテンニンソウが見ごろを迎えています。

20198271.jpg

20198272.jpg

20198273.jpg

「天人草」と書く、山地の落葉樹林内など、湿気の多い林縁に自生するシソ科の多年草です。
群生することが多くて、見ごたえがあります(^^♪

学名Leucosceptrum japonixum。
Leucosceptrumはテンニンソウ属のことで、ギリシャ語の白を意味するleucoと、笏を意味するsceptrumの合成語です。
Japonixumは日本のという意味です。

和名の由来は、穂状の蕾を天人に見立てたのだとか、花自体を天上に舞い上がっていく天人に例えたともいわれます。
下のほうから咲きあがるにつれ、鱗状の苞が1枚1枚落ちていく様子が天上界の霊妙な花に例えられたようです。

花言葉「美麗」

今日も関電アメニックスくろよん観光事業部のガイドとして黒部湖へ行って来ました。
今回はJTBプライベートツアーで大阪からお越しの80代の女性お1人様のご案内。
展望台や新展望広場への階段の多い所は避けましたが、なかなかの歩きをしておられ、トンネルシアター鑑賞後、カレ谷出口から少し歩いて風景や山野草をご覧になったり、ダム堰堤を渡って観光船ガルベの船着き場近くまで歩き、御前沢の氷河から融けて流れる沢水をご覧になったり、風景を堪能されたりしてお帰りになりました。
「また機会があれば来たい!」とおっしゃって下さったのが嬉しかった(^^)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんわ(^^♪

関口さんこんばんわ(^^♪
山野草は楽しいですね。
何度山へ入っていても、初めて見る花があったり、とても似た植物が多くて同定に苦労して載せられない植物があったりします(^^;

ほんとうに人間を含む動植物の多様性があって初めて生態系が維持されるのだから、自然環境を考慮したうえで人間の経済活動を行っていかなければならないと、山へ入るとつくづく感じます。

初めて見る花が、いっぱい。

天人草。
シソ科の植物なのですね。不思議な花を付けて。

山には、神様まらの恵みや力が、いっぱい!。
こうした自然体系が、保たれないといけませんね。
プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR