FC2ブログ

黒部湖のイワショウブ

今朝は別荘地の管理人さんからの電話で目を覚ましました。
別荘地の簡易水道がどこかで破裂していて断水状態で、午前中いっぱい復旧しないとのこと(>_<)
幸い温泉水は問題なく出るので、水洗トイレのお水は温泉水を汲み置きして代用することにして、台所にも温泉水を薬缶や鍋に入れて様子を見ることにしました。
幸い開店時間までに復旧してくれたので安心したのだけれど、半世紀以上の歴史のある別荘地はいつどこで何があるかわからない怖さがありますね(^^;

写真は黒部湖のイワショウブです。

20199161.jpg

20199162.jpg

20199163.jpg

「岩菖蒲」と書く、山地から高山の湿原や湿地に自生するチシマゼキショウ科の多年草です。花は初めは白いけれど、徐々に赤みを帯びてくるところが面白いですね。

学名Tofieldia japonica。
Tofieldiaはチシマゼキショウ属のことで、イギリスの植物学者トーマス・トゥフィールドさんの名に因んでいます。
Japonicaはそのまんま日本のという意味です。
日本の固有種で、氷河期の遺存植物と言われるようです。

和名の由来は山中に自生し、葉姿がショウブに似ているから。

別名ムシトリゼキショウ。

花言葉「感謝」「誠実」「私は君のもの」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR