FC2ブログ

「仁科氏歴史文化展」当番

今日と明日、大町市社の宮本公民館で行われている
「仁科氏歴史文化展」の受付に、大町市観光ボタンティアの会の当番として詰めています。

201911131.jpg

この催しについては10月25日に「お知らせ」を載せたし、11月9日の「塩の道ウォーク」の記事でも触れたのだけれど、20年に1度の国宝仁科神明宮式年遷宮祭
http://www.kanko-omachi.gr.jp/event/2019/10/post-31.php
の催しの一環として、宗教行事とは別に地元有志が組織する「仁科の郷イベント実行委員会」が主催し、大町市教育委員会の全面協力を得て開催されています。
この地域は平安時代後期に伊勢神宮の御厨として拓かれ、その司としてこの地を治めた豪族仁科氏は、仁科神明宮を始め若一王子神社、霊松寺などの寺社仏閣を造り、精力的に治水を進め、市場を開くなど、戦国時代後期に織田軍の攻略で滅亡するまで、500年以上にわたって大町の基礎を築きました。その仁科氏の歴史をたどる精力的な企画展です。

201911132.jpg

201911133.jpg

201911134.jpg

201911135.jpg

201911136.jpg

201911137.jpg

201911138.jpg

201911139.jpg

2019111310.jpg

2019111311.jpg

2019111312.jpg

2019111313.jpg

2019111314.jpg

2019111315.jpg

2019111316.jpg

仁科氏については、元々どの一族の出で、どこから来たのか定かではなく、謎に包まれている部分も多いのですが、この地域に京の様々な文化を伝え、水路や屋敷跡などの遺構、現在国宝や重要文化財に指定されている文化財を数多く残したその功績に触れることのできる機会ですので、是非多くの皆様にご覧いただきたいと思います(^^♪

17日(日)日まで、毎日9:00~16:00
仁科神明宮入り口の宮本公民館で開催しています。
15日~17日は車両規制があり、大町市民俗資料館(社公民館)、JA大北支所などから宮本公民館までシャトルバスが運行されますのでご利用ください。
http://www.kanko-omachi.gr.jp/shinmeisengu/wp-content/themes/shinmeisengu/images/home/timetable_shuttlebus3.pdf
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR