FC2ブログ

チェロの音色に心酔💛

今日は、青色申告の準備で一番量が多くてめんどくさい、現金出納の出金伝票の仕分けを終わってホッと一息(^^♪
そして夜は松本市音楽文化ホールでクラシック鑑賞です(^^)

2020020401.jpg

少し早めに会場について喫茶店で腹ごしらえ。
ここは、お昼が充実しているのに、夜はカレーかオムライスしかないのだけれど、コックさんが変わったみたいで、チキンカレーが美味でした💛

2020020402.jpg

今日は「チェロ・アンサンブル松本」のコンサート。
松本を深く愛するサイトウ・キネン・オーケストラのメンバーによる室内楽第1弾です。
齋藤秀雄先生に直接師事していた世代から1980年代生まれまで、世代を超えた腕利き奏者たちが集まりました。まずは齋藤秀雄先生の楽器・チェロのアンサンブルで、 安田謙一郎、木越 洋、山本裕康、古川展生、門脇大樹、辻本 玲の各氏が結集。
それぞれソリストや交響楽団の首席奏者などを務めながら音大の客員教授や講師などを務めて後進の指導にもあたる皆さんです。

2020020403.jpg

曲目は
F.クープラン/D.ゲリンガス編曲:5つの演奏会用小品 J.S.バッハ/E.ハイマン編曲:協奏曲ハ短調BWV1060  L.V.ベートーベン:三重奏曲ハ長調0p.87 W.A.モーツァルト/D.バーク、M.テペル編曲:ソナタ変ロ長調K.292(196c) E.グリーグ/W.トーマス=ミフネ:組曲「ホルベアの時代より」 J.シュトラウス二世/W.トーマス=ミフネ:喜歌劇『こうもり』序曲
というものでした。
いやぁ、もちもと僕の大好きなチェロの音色なのだけれど、さすがに名手ぞろいとあって、チェロの豊かで奥深く、繊細でありながら唸るような迫力のある響きに心を揺さぶられました💛
特に最後の喜歌劇『こうもり』序曲は、繊細な技巧だけれではなく、とても6台のチェロだけの音色とは思えない音の厚みと広がりがあり、大満足でしたw(^o^)w

サイトウ・キネン・オーケストラのメンバーによる室内楽は、今後シリーズ化するとのことなので、これからの展開がとっても楽しみです💛
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR