FC2ブログ

竜神湖のトクワカソウ

今日はお天気が回復したので、エッチャンとお散歩。
我が家のある別荘地から篭川沿いに北上し、葛温泉方面へ向かい、竜の子太郎伝説の犀竜と泉小太郎が再会したという尾入沢を渡り、竜神湖から二の沢まで遊歩道を歩き、我が家まで帰ってきました。
総歩数は15500歩を超え、約8キロ歩いたことになるようです。
その間、車やバイクとはすれ違ったのだけれど、出会った人は遊歩道で2組4人。別荘地内で知人2人ということで、「3密」にも「濃厚接触」にもあたらず、8キロも歩いてこられるって、めっちゃ恵まれた環境ですよねw(^o^)w

そして、そろそろかな~って思って足を延ばした竜神湖遊歩道で、期待通りトクワカソウと出会えました💛
まだまだ咲き初めで、一の沢から二の沢にかけてはほとんど咲いていません。今週末から来週にかけて見頃ですかね(^^)v

0202041901.jpg

0202041902.jpg

0202041903.jpg

「徳若草」と書く、本州の近畿以北から東北の山地の林の中や岩場などに自生するイワウメ科の常緑多年草で、イワウチワの一変種です。

学名Shortia uniflora var. orbicularis Honda。
Shortiaはイワウチワ属のことで、アメリカの植物学者C.W.ショートさんの名に因んでいます。
unifloraは、単花のという意味です。
変種名のorbicularisは円形のという意味で、葉の基部が円形または楔形になる傾向にあるところからきています。

和名の由来は、広辞苑によれば、とくーわか【徳若】「とこわか(常若)」の転。徳若に御万歳 いつも若々しく長寿を保つようにの意の祝い詞」とのことなので、トクワカソウとは、常緑で「いつも若々しいおめでたい草」という意味になりそうです。
葉の形からイワウチワとの違いがあるので、あえて区別するためにおめでたい名前を付けたということでしょうか(^^ゞ

花言葉はありませんが、とりあえずイワウチワの変種ということで、同じ「春の使者」(^^♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR