FC2ブログ

久しぶりの玉切り作業

今日は4月11日以来、約1か月ぶりに、薪原木の玉切り作業o(^-^)o
ずいぶん長くチェンソーの刃を研ぎながら、だましだまし使ってきたのだけれど、さすがに切れが戻らなくなり、久々に新品を装着しての作業ですw(^-^)w
いやぁ、よく切れますね~💛
原木にスーッと刃が入っていき、サクッサクッと切れてくれて、気持ちよかった(^^♪
おかげで張り切りすぎて腰が痛くなり、2時間ほどで作業終了(^^;

2020051501.jpg

2020051502.jpg

2020051503.jpg

今、源泉かけ流し『彦の湯』にゆっくり浸かって出て、グラス片手にPCの前に座っています(^v^)

ところで今日は5月15日。ふと気づいたのですが、「5.15事件」の日ですね。
今から88年前の1932年5月15日。武装した海軍の青年将校らが首相官邸などを襲撃し、内閣総理大臣の犬養毅を殺害し、首相警護の警察官が死傷した事件です。
1930年代の日本では、「昭和維新」をスローガンとする国家革新の動きがあり、当時の日本を元老や重臣、軍閥、政党、財閥などの天皇の取り巻きによる独裁状態だと定義し、これを天皇の元に議会があり、議会から内閣が発生する本来の「天皇親政」に正すべきだと考えていました。
こうした考えから同年2~3月にかけて「血盟団事件」が起き、「一人一殺」を掲げて、元大蔵大臣で民政党内で次期総理大臣候補と考えられていた井上準之助と、三井財閥の総帥だった団琢磨を暗殺。それに続いてこの事件が起きたのですね。
この事件によって、元老・西園寺公望は政党政治の継続を断念して元海軍大将の斎藤実を次期総理大臣に推薦。第2次世界大戦で敗戦を迎え、平和憲法下で総選挙が行われるまで、政党政治は復活しなかったのですね~・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR