FC2ブログ

居矢里湿原のキクザキイチゲ

載っけそびれていた居矢里湿原のキクザキイチゲです(^^;

2020051704.jpg

2020051705.jpg

2020051706.jpg

「菊咲一華」と書く、本州中部以北の山地の、落葉樹林の林の中や林縁に自生するキンポウゲ科の多年草で、フクジュソウやカタクリなどと同じく、「スプリング・エフェメラル(春のはかない命)」とか「エフェメラル・プラント(短命植物)」とか呼ばれる植物の仲間です。

学名Anemone pseudo-altaica。
Anemoneはイチリンソウ属のことで、ギリシャ語の風を意味するanemosに由来し、風の娘という意味です。
素敵な意味を持っていますね♪
pseudo-altaicaは、アルタイ山脈産に似たという意味です。

アズマイチゲに比べると葉っぱの切れ込みが大きく、菊の葉に似ていて、花も菊の花に似ていることからこの名があります。
花の色は変化が多く、白、薄紫、青紫、ピンクなど。ただ、花に見えるのは蕚片で、花弁はありません。

別名キクザキイチリンソウ。

花言葉「静かな瞳」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR