FC2ブログ

高瀬の森のユキザサ

高瀬の森を歩いていると、たくさんの春の花々に出会うことができます💛
今日はその中からユキザサです。

2020052101.jpg

2020052102.jpg

2020052103.jpg

「雪笹」と書く、北海道から九州の深山の林の中など、陰地に自生する白く美しい花をつけるキジカクシ科の多年草です。嘗てはユリ科に分類されていましたが、新しい植物分類表でキジカクシ科のマイヅルソウ属に分類されました。しかし「(incl.Smilacina[ユキザサ属])」との記述もあり、属まだ定まっていないのかも・・・

学名Maianthemum japonica。
Maianthemumはマイヅルソウ属のことで、その開花期から5月の花という意味だそうです。
japonicaはそのまんま日本のという意味。

和名の由来は、葉が笹の葉に似ていて、小花の咲く様子が雪のように白く美しいからだそうです。

根茎を乾燥したものを鹿薬(ろくやく)といい、頭痛やリュウマチの疼痛に薬効があるほか、美味しい山菜として知られ、北海道ではアズキナの名で食用に親しまれているそうです。

花言葉「憂いを忘れる」「汚れのない」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR