FC2ブログ

姫川源流のキバナイカリソウ

親海湿原と姫川源流をつなぐ遊歩道の途中に咲いていた、キバナイカリソウです。

2020052601.jpg

2020052602.jpg

2020052603.jpg

「黄花碇草」と書く、本州では概ね日本海側の山地の林の中や林の縁などに自生するメギ科の多年草です。

学名Epimedium koreanum。
Epimediumはイカリソウ属のことで、ギリシャ語で上を意味するepiと、メディアというギリシャの地名を指すMediaの合成語なのだそうだけれど、何を意味するのだろう(^^;。
koreanum は「高麗(朝鮮)の」という意味だそうです。
朝鮮半島にも分布があることからでしょう。

花の色が淡い黄色であること、葉の先が尾状に長く伸びてとがることが特徴です。

全草薬草で、滋養強壮、ノイローゼ、健忘症などに薬効があるようです。
健忘症かぁ・・・いずれお世話になるかも(^^;

花言葉「人生の出発」「君を離さない」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR