FC2ブログ

高瀬の森のチゴユリ

今年の高瀬の森にチゴユリが姿を現してくれました(^^♪

2020052801.jpg

2020052802.jpg

2020052803.jpg

稚児百合と書く、山野の林の下に自生するイヌサフラン科の多年草です。

学名はDisporum smilacinum。
Disporumはチゴユリ属のことで、ギリシャ語の「二重の」を意味するdisと「種子」を意味するsporaが語源だそうです。smilacinumは、ギリシャ語でサルトリイバラ属を指すsmilaxから。

北海道~九州まで日本全国に分布し、落葉樹林の木陰に生えます。
花期は4~5月頃ですが、我が家のあたりでは5月に入ってからで、茎の先端に1cmほどの、ほんとに小さな白い花を咲かせます。
和名の「稚児百合」は、小さく可愛らしいユリだからというのと、咲いている稚児百合が、たくさん並んでいる姿を、稚児行列に見立てたことからとの説もあります。

この花の可憐さが、咲き始めたウメガサソウとともに、森の妖精を思わせてくれます。

花言葉は「恥ずかしがりや」「私の小さな手をいつも握って」「純潔」「美」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR