FC2ブログ

鷹狩山のササユリ

今日は梅雨の晴れ間(^^♪
そろそろ咲いているだろうな~って思って、鷹狩山に登ると、期待通りササユリが迎えてくれました💛

「笹百合」と書く、山野の草原に生えるユリ科の多年草です。
ササユリは新潟県と長野県が接するあたりと静岡県を結ぶ地域より西に分布すると書かれてあるものもあり、長野県の準絶滅危惧種に指定されています。

2020062301.jpg

2020062302.jpg

2020062303.jpg

学名Lilium japonicum。
Liliumはユリ属のことで、ともに白を意味するケルト語のliとギリシャ語のlerionに因んだラテン古名とのこと。
japonicumはそのまんま日本のという意味。

和名の由来は葉の形がササの葉に似ているから。

万葉集巻20 4369で大舎人部千文が

筑波嶺の さ百合(ゆる)の花の夜床(ゆとこ)にも 愛(かな)しけ妹(いも)そ 昼も愛しけ

と詠んでいますが、「さ」は神聖なものの頭につける言葉とされ、ササユリは当時から神聖視されていたことがうかがえそうです。

奈良市最古の神社とされる率川(いさがわ)神社では、毎年6月17日に例祭の三枝祭(さいくさまつり)が執り行われ、この祭典は酒樽をササユリで飾って神前に供えるため「ゆりまつり」の名で親しまれているそうです。
そして前日の16日、祭で用いられるササユリを三輪山から神社へ届ける神事が「ささゆり奉献神事」で、これは祭神の「媛蹈韛五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)」が三輪山の麓、ササユリが美しく咲き誇る狭井川のほとりに住んでいた故事によるものといわれます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR