FC2ブログ

鷹狩山のノリウツギ

鷹狩山のノリウツギが咲き始めました。

「糊空木」と書く、山野の日当たりが良く少し湿った場所に生えるアジサイ科の落葉低木です。
ヤマアジサイに良く似ていますが、葉の幅が広く両生花序が円錐状に盛り上がり、装飾花が丸いので区別できます。

2020072201.jpg

2020072202.jpg

2020072203.jpg

学名Hydrangea paniculata。
Hydrangeaはアジサイ属のことで、ギリシャ語の水を意味するhydroと、容器を意味するangeionが語源で、果の形が水を入れる容器に似ていることから。
paniculataは、円錐花序のという意味で、花房の形を現しています。

和名の由来の「のり」とは、樹皮からとった粘液を、和紙を漉くときの糊料として使ったことから。
なお「空木」とは、枝の髄を抜くと空洞ができることから。

民間薬として、樹皮からとった粘液を疥癬などの治療に外用として用いたようですし、アイヌの人はこの木で杖・狩猟の道具・木釘などを作ったといいます。またアイヌの女性はこの粘液を洗髪料に使用したそうです。
また、根から作られるパイプは愛煙家の間では有名なようです。
なお中国では、根を天日で乾燥して抗マラリア薬として用いたともいわれます。

別名「サビタ」これはアイヌ語が語源のようです。

俳句では「サビタの花」が晩夏の季語になっています。

花言葉「臨機応変」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR