FC2ブログ

湘南~鎌倉散歩

27日から約5か月ぶりに湘南の武子さんのお宅に連泊し、湘南~鎌倉散歩を楽しんできました(^^♪

我が家から湘南に向かう時は、ほとんど下道を通り、休憩時間を入れて6時間半ほどかけてドライブを楽しみます。
有料道路を使うのは、安曇野ICか梓川ICから諏訪南ICくらいまで。そこから甲州街道で笛吹まで行き、御坂みちで河口湖へ行き、富士吉田から山中湖、御殿場、大井、小田原、国府津、二宮、大磯、平塚、茅ヶ崎海岸という具合に湘南へきて、帰りもほぼ同じコースで帰ります。

そうすると、お昼の休憩は大体道の駅富士吉田ということになるつのです~。
「吉田うどん」というのもあるのだけれど、やっぱここは「富士山レーダードームカレー」っしょ(^^♪ということになってしまうのです(^^ゞ



そして2時30分ごろに武子さんのお宅に到着し、ちょっと休憩してから武子さんとエッチャンと3人で江の島まで散歩を楽しむというのが、お決まりの行程です(^^)









帰ってからは当然宴会で、我々では絶対手の出ないメチャ高級な牛肉のすき焼きに舌鼓を打ちつつ、富士吉田で仕入れたおつまみや、我が家から持参した酸化防止剤無添加樽熟信州赤ワインや、武子さんの用意してくださった麦焼酎のお湯割りを頂きながらお話しに花を咲かせ、夜が更けていったのでありましたw(^-^)w 

翌日は鎌倉散歩。小田急線鵠沼海岸駅から片瀬江ノ島駅へ行き、散歩しながら江ノ電江ノ島駅へ。江ノ電に乗り換えてとりあえず鎌倉高校前の駅で途中下車。江ノ電と江の島、鎌倉高校駅の雰囲気をパシャリ!



鎌倉駅からは小町通をぶらぶら歩き、エッチャンが今月、大町市観光協会の日帰り研修で綾瀬市~鎌倉へ行った際に見つけて来た、今回の最大の目玉である「備前焼の魅力 桃山時代から金重陶陽・北大路魯山人などの近代作家まで」を心行くまで鑑賞しました。
いやぁ、北大路魯山人は元々好きだったのだけれど、金重陶陽やその弟の素山作品にも見とれてしまいました♡



そこから更にぶらぶら歩いて、もう1か所エッチャンのお目当てのお店で、何と二人で似顔絵を描いてもらうことに(◎◎;
エッチャンは武子さんと3人で描いてもらおうと思っていたみたいだったのだけれど、武子さんに断られてしまいました(^^;

丁度お昼時になったので、鶴岡八幡宮近くで見つけた小ぢんまりとした和食処「ふくろう」さんで、エッチャンと武子さんは名物「三崎マグロと生シラス丼」。僕は「お造り御膳」を頂きました。メッチャ新鮮で、ここは大当たり!♡



そのお店のすぐ前では文化財発掘調査が行われていて、その柵に貼られたポスターを見ると、何とすぐ近くに鎌倉市川喜多映画記念館というものがあって、現在「ミステリー映画大全集 横水正史VS松本清張」などという企画展をやっていて、午後2時から映画『飢餓海峡』の上映があるなどと書かれていたのです。
武子さんも映画がお好きだし、これを見逃す手はないですね~ということで早速記念館へ行ったのだけれど、映画のチケットはすでに完売とのことで、涙を呑み、特別展示だけを見て帰って来たのですが、『飢餓海峡』や『霧の旗』、『張り込み』、『十二人の怒れる男たち』、『砂の器』、『悪い奴ほどよく眠る』など、(中には何故か『DESTINY鎌倉ものがたり』なんかもあって^^;)メチャクチャ懐かしいポスターや作品の説明などが展示されていて、とっても楽しむことができました(^^♪



帰りは大通りを通って名物「鳩サブレ」の本店でお土産を買い、エッチャンは例によって「顔出し写真」(^o^)



ちょっと早い夕食を藤沢で食べて、武子さんのお宅で焼酎のお湯割りを頂きながら映画談議に花を咲かせたのでありました(^^)



今日は行と同じ道を反対にたどり、大町へ(^^♪
途中、「映画繋がり」でふと思い出し、JR二宮駅前で「ガラスの兎」像をパチリ!
1979年に作られた橘祐典監督、長門裕之、長山藍子、蛯名由起子出演の反戦映画で描かれた二宮空襲の記念像がこの駅前にあるのですね~・・・



てなことで、とっても濃厚な2泊3日の旅を楽しんできましたw(^o^)w
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shikahiko

Author:shikahiko
長野県大町市の北アルプス山麓高瀬の森で、温泉付き貸別荘とカフェギャラリー ベルヴィルを営んでいます。
日本自然保護協会の自然観察指導員や大町市観光ボランティアの会、長野県自然保護レンジャーなどの活動に参加しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR